静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「戦争と空襲」常設展を刷新 静岡平和資料センター

(2017/6/18 08:47)
展示物にまつわるエピソードを紹介する土居事務局長(左)=静岡市葵区の静岡平和資料センター
展示物にまつわるエピソードを紹介する土居事務局長(左)=静岡市葵区の静岡平和資料センター

 静岡市葵区の静岡平和資料センターは常設展示「静岡の戦争と空襲」展をリニューアルした。同センターを運営する「静岡平和資料館をつくる会」の会員らが16日、オープニングセレモニーを行い、土居和江事務局長が展示物にまつわるエピソードなどを紹介した。
 リニューアルで新たに「大日本帝国の戦争と静岡」などを展示テーマを加え、常設スペースを増やした。戦時中の映像を視聴するためのスクリーンも新設した。
 土居事務局長は「静岡が空襲される経緯や戦後の状況を加えることで、訪問者に理解を深めてほしい」と話した。
 同センターは召集令状や飯ごう、水筒などの資料約5500点を所蔵する。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト