静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

独仏「アーヘン条約」調印 防衛や外交、協力深化狙う

(2019/1/22 21:53)
新条約「アーヘン条約」の調印式で、署名を交わすドイツのメルケル首相(前列右)とフランスのマクロン大統領(同左)=22日、ドイツ西部アーヘン(AP=共同)
新条約「アーヘン条約」の調印式で、署名を交わすドイツのメルケル首相(前列右)とフランスのマクロン大統領(同左)=22日、ドイツ西部アーヘン(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツとフランスの両政府は22日、ドイツ西部アーヘンで、防衛・外交政策や国境地域の住民生活での協力深化を目指す新条約「アーヘン条約」に調印した。何度も戦火を交えた両国の和解の基礎をつくった1963年の独仏協力条約(エリゼ条約)を補完するもので、両国関係を「新たな段階に引き上げる」とうたった。
 調印式はアーヘン市役所で行われ、ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領が条約に署名した。
 メルケル氏はアーヘン条約を通じ「両国が防衛協力を発展させ、欧州軍創設に貢献したい」と強調。マクロン氏も「両国には(脅威に対応する)責任がある」と訴えた。

国際の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト