静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

国連人権理、中国に調査要求 人権派弁護士拘束3年

(2018/7/11 06:39)
中国当局に拘束されたまま安否不明となっている王全璋弁護士(提供写真・共同)
中国当局に拘束されたまま安否不明となっている王全璋弁護士(提供写真・共同)

 【ワシントン共同】中国で3年前に人権派弁護士の王全璋氏が拘束されたまま安否不明となっている問題で、国連人権理事会の強制的失踪作業部会が5月、中国政府に、王氏に関する調査と権利保護を求めたことが分かった。王氏を支援する米国在住の民主活動家、楊建利氏が10日までに共同通信に明らかにした。
 習近平指導部は2015年7月、王氏を含む人権派弁護士ら約300人を一斉に拘束。王氏は昨年2月に国家政権転覆罪で起訴されたが、所在や安否は家族にも明らかにされていない。国連は調査を求めることで、弁護士らへの待遇改善や人権問題への対応を促す狙いとみられる。

国際の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト