静岡新聞NEWS

外科手術、最新事例を紹介 日中の医師ら国際フォーラム 静岡

(2019/3/16 07:42)
日中の専門医が低侵襲外科手術について最新事例を紹介したフォーラム=静岡市葵区の県立総合病院
日中の専門医が低侵襲外科手術について最新事例を紹介したフォーラム=静岡市葵区の県立総合病院

 静岡県立総合病院(静岡市葵区)で15日、友好協力協定を結ぶ中国浙江省の2病院の医師らを交えた国際フォーラムが開かれた。医療関係者ら約50人が集い、患者の身体への負担が比較的少ない腹腔(ふくくう)鏡手術などの「低侵襲外科手術」について、日中の専門医が最新の事例を紹介した。
 討論を交わしたのは同病院と浙江省人民医院、浙江大医学院の消化器外科医ら。食道などの消化管や肝臓、膵臓(すいぞう)を対象に、手術の目的から手法、患者の術後経過などについてスライドを使って解説した。
 県立総合病院の高木正和副院長は「腹腔鏡手術は中国が技術的に非常に進んでいる。日本の丁寧な技術と比較することで、より安全な手術を目指す契機にしたい」と話した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト