静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

島田のモデルスクールに障害者クラス 吉田さん「夢かなえたい」

(2019/1/21 07:28)
生徒に声を掛けながら、ウオーキングを指導する吉田ちかさん(中央)=島田市東町の「スタジオERIKA」
生徒に声を掛けながら、ウオーキングを指導する吉田ちかさん(中央)=島田市東町の「スタジオERIKA」

 芸能界やファッション業界で障害者の起用を推進する動きが広がりを見せる中、島田市東町のモデルスクール「LB-MODEL SCHOOL」が全国的にも珍しい障害者クラスを開設し、ウオーキングやポージングを指導している。経営者でモデルとしても活躍する吉田ちかさん(30)=藤枝市=は「もっと自分を発信していいんだよと伝えたい」と目を輝かせる。
 「おなかに力を入れて」「かかとをくっつけて、お尻を真ん中に引き寄せて」。吉田さんの声がスタジオに響き渡る。生徒たちは鏡の前で腰に手を当て、ポーズを決める。
 吉田さんが指導するのは、19~42歳の知的障害者やダウン症の男女5人。生徒らは飲食店や福祉施設などで働きながら月2~4回のレッスンに通う。生徒の家族らによると、姿勢の矯正や、社会人になって減少した余暇活動の充実など受講理由はさまざまだ。
 知的障害がある男性(20)=静岡市葵区=の母(50)は「今まで人前で歩くなんて絶対にしない子だった。自信につながっていると思う」と、昨夏からレッスンを受ける息子の変化に目を細める。
 2016年にモデルスクールを始めた吉田さんが障害者クラスを開設したのは18年5月。知的障害のある少年との出会いがきっかけだった。将来の夢を「モデル」と書いて周囲から書き直しを促されたという話を聞き、「彼の夢をかなえたい」と奮い立った。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト