静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

手話普及へ動画や講座 静岡県、県民に啓発推進

(2018/9/7 09:14)

 静岡県は6日までに、3月に施行した県手話言語条例に基づき、手話学習動画の作成や企業対象の啓発講座の開催を通じて県民への手話普及の取り組みを推進する方針を固めた。9月補正予算案に事業費500万円を計上する。
 「あいさつは手話で」を目標に、県民が手話に触れたり、学んだりできる機会の増加を図る。学習動画は、日常生活でよく使うあいさつや自己紹介などの手話を学べる内容にする。動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信するほか、民間の手話教室や学校の授業で活用してもらうことを想定している。
 企業向け講座では、聴覚障害者への適切な対応や手話での簡単なコミュニケーションを紹介する。交通機関やスーパーマーケットなどの企業を中心に啓発し、ろう者が暮らしやすい社会環境を整える。
 条例は、手話を独自の体系の言語と定義し、理解促進と環境整備に向けた取り組みを県、県民、事業者の責務または役割として明文化した。県庁内では健康福祉部の全職員約千人が8月までに手話講座を受講した。庁内LANを活用した研修も始め、全職員が閲覧できるインターネット上のページで毎月、手話を学べる画像を更新している。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト