静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

介護食のコースを提供 浜松・北区の仏料理店シェフ

(2018/8/25 09:18)
シタビラメやカニクリームコロッケなど介護食のコース料理を試食する鈴木市長=浜松市役所
シタビラメやカニクリームコロッケなど介護食のコース料理を試食する鈴木市長=浜松市役所

 浜松市の鈴木康友市長はこのほど、北区細江町のフランス料理店「食楽工房」のオーナーシェフ古橋義徳さん(67)が同店で提供している介護食のコース料理を市役所で試食した。県内産の豚肉や野菜などを使い、高齢者や障害者らでも飲み込みやすい軟らかさにした介護食を味わった。
 市は誰もが暮らしやすいユニバーサルデザイン(UD)の街づくりを推進中。古橋さんは市が小中学生向けに開いているUD出前講座で講師を務めていることから、鈴木市長も介護食を試食した。
 一度作った料理をミキサーですりつぶし、ゼリーで軟らかく固め直した。鈴木市長は前菜、サラダ、メイン料理のシタビラメや豚ヒレ肉のソテーなどを試食。カニクリームコロッケや浜松ギョーザには「まさにそのものの味だ」と驚き、「とってもおいしい。これはお客さんに喜ばれますね」と笑顔で語った。
 古橋さんは「なるべく元の料理の色を再現し、固さはお客さんによって調整している」と工夫を説明した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト