静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県医師会館、建て替えへ 2020年完成目指す

(2018/8/3 07:14)
新しい県医師会館の完成予想図
新しい県医師会館の完成予想図

 静岡県医師会は、静岡市葵区鷹匠の県医師会館を老朽化に伴い建て替える。9月以降に解体作業を始め、2020年の完成を目指す。
 会館は1971年、1、2階が県立中央病院(現県立総合病院)、3階を高等看護学院など、4~6階を県医師会や関係団体が使用する建物として完成した。県立中央病院の移転などでその都度改修をしたが、耐震性は十分でなかった。
 新会館は鉄骨造4階建てで、延べ床面積は約2700平方メートル。県訪問看護ステーション協議会や在宅医療介護連携推進センター、地域医療研修センターといった団体や機能が入り、地域包括ケアシステム構築のための多職種連携を図る。災害時の医療救護活動の調整拠点として備えを強化する。
 総事業費は約13億5千万円を見込む。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト