静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

病抱える子の親ら、災害への備え学ぶ 静岡

(2018/7/30 07:25)
災害時の医療体制を説明する金沢貴保医師=29日午後、静岡市葵区の県立こども病院
災害時の医療体制を説明する金沢貴保医師=29日午後、静岡市葵区の県立こども病院

 全国心臓病の子どもを守る会県支部は29日、震災勉強会を静岡市葵区の県立こども病院で開いた。病を抱える子どもを持つ親らが、災害への備えを学んだ。
 同病院救急総合診療科の金沢貴保医師が災害医療について講演した。熊本地震などを例に、施設や医療従事者の被災、ライフラインの寸断で災害時に医療機関の機能が落ちることを説明。非常持ち出し品を用意し、地域の防災訓練に積極的に参加するなどして「子どもだけでも行動できるような準備を」と自助の重要性を伝えた。人工呼吸器などを使用している場合はバッテリー供給についても確認しておくよう求めた。
 浜松市で子育て支援に取り組むNPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴの原田博子理事長は、地震被災地への聞き取りから、避難生活や現地で不足する物資などを紹介した。
 会場には、簡易トイレなどが展示された。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト