静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

若者の自殺、休日夜間も相談を 静岡県、電話窓口365日体制に

(2018/7/28 10:03)

 静岡県は8月1日、若年層の自殺防止のための相談に乗る「若者休日夜間あんしん電話」を開設する。2015年度から平日に運用する「若者こころの悩み相談窓口」と合わせ、1年365日の相談受け付け体制とする。
 若者休日夜間あんしん電話<電0120(834)907>は39歳以下が対象。相談受け付けは月―金曜の午後4時~午前9時と土日・祝日および年末年始の24時間。精神保健福祉士や臨床心理士ら相談員が応対する。
 県は若者こころの悩み相談窓口<電054(285)7522>を平日午前9時~午後4時に運用している。ただ、平日夜間や土日・祝日に1人で悩む若者が潜在化しているとみて、相談受付日の拡充を決めた。
 県によると、インターネットや会員制交流サイト(SNS)などで若者が自殺願望を発信し、長期休暇明けの前後に自殺するケースが増えている。このため県は8月20日から、「夏休み明け前LINE(ライン)相談」も新たに実施する方針。
 厚生労働省の17年人口動態統計によると、本県自殺者数は588人で、このうち39歳以下の若者は24%を占めた。30代が前年比で6人減の70人、20代が12人減の53人だったのに対し、19歳以下は5人増の18人だった。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト