静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

運動部生徒らに熱中症対策解説 浜松・浜北区の浜松医療学院

(2018/7/24 09:01)
熱中症対策について話す鈴木さん=浜松市浜北区の浜松医療学院
熱中症対策について話す鈴木さん=浜松市浜北区の浜松医療学院

 浜松市浜北区の専門学校浜松医療学院は22日、熱中症対策講座を同学院で開き、地元の中学や高校の運動部生徒ら約100人が参加した。同学院付属臨床施設職員で鍼灸(しんきゅう)師・アスレチックトレーナー鈴木裕太郎さんが注意点を解説した。
 鈴木さんは、熱中症は気温や湿度の高いときのほか、強度の強い運動をしているときも起こりやすいと指摘。運動中は通気性のいい服を着て帽子をかぶり、防具を着ける武道などに取り組む場合は休憩中に衣服を緩めるように呼び掛けた。水分に関しては運動中15~20分ごとに、糖質とナトリウムが含まれた150~250ミリリットルを飲むように助言した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト