静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

地域医療確保へ県に名称申請 伊東市民病院、圏域初

(2018/6/13 08:54)

 静岡県や熱海、伊東両市の医療、行政関係者らでつくる熱海伊東地域医療協議会の会合が11日夜、熱海市の県熱海総合庁舎で開かれた。伊東市民病院がかかりつけ医らの支援などを通じ、地域医療の確保を図る「地域医療支援病院」の名称承認を静岡県に申請することなどを了承した。
 地域医療支援病院は中小病院や診療所から紹介を受けた患者への専門的な医療の提供、他施設の医療従事者を対象とした院内医療機器の共同利用といった役割を果たしている施設。承認には紹介患者の割合や病床数、設備などで一定の要件を満たす必要がある。県は県保健医療計画で、県内に八つある2次保健医療圏域すべてで整備を進めるとしていて、伊東市民病院が承認を得れば熱海伊東圏域で初となる。このほか、がんのターミナルケアを担う医療機関などとして熱海市のさくら医院を追加することも了承した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト