静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

高齢者に「歯の大切さ」呼び掛け 西伊豆、順天堂大が看護実習

(2018/5/16 08:11)
学生の指導を受けながら唾液腺マッサージをする地域高齢者=西伊豆町の賀茂健康センター
学生の指導を受けながら唾液腺マッサージをする地域高齢者=西伊豆町の賀茂健康センター

 順天堂大保健看護学部(三島市)の学生3人が14日、西伊豆町の賀茂健康センターを訪れ、地域高齢者に口腔(こうくう)ケアについての健康教育などを行った。保健師の資格を取得するための公衆衛生看護実習の一環。
 学生らは歯の状態が健康寿命に直結することを踏まえ、満足な食事や会話ができるように80歳になっても20本以上の歯を保つ「8020運動」を提唱。正しい歯磨きや入れ歯の手入れ方法を模造紙にまとめて紹介した。
 同町では、高齢者の歯科定期受診率が15%と低下していることなどを挙げ、「生きる上で歯は大切。検診や丁寧な歯磨きを心掛けて」と呼び掛けた。唾液腺マッサージや口周りのストレッチ方法も指導した。
 ほかに、高齢者の脈拍、血圧測定も行った。学生らは18日まで同町に滞在し、実習に取り組む。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト