静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

インフル過去5年最多 静岡県内「注意報レベル」継続

(2018/1/10 08:00)

 静岡県は9日、静岡県内のインフルエンザ流行状況が「注意報レベル」で継続していると発表した。県内139の定点医療機関の1週間の平均患者数は2017年12月25~31日の週(第52週)に22・43人だった。過去5年で最多で県は感染拡大防止の強化を呼び掛けている。
 今季初めて「注意報レベル」(基準値10)に達した同年12月18~24日の週(第51週)の13・99人からさらに増えた。「警報レベル」の基準値は30。県によると、保健所管内別では富士保健所管内が特に多く、定点当たり30・67人。定点医療機関からの報告によると、県内はA型に比べてB型が多い傾向という。
 県疾病対策課は、こまめな手洗い▽せきエチケットの励行▽人混みを避ける▽十分な栄養と睡眠を取る-などの徹底を訴えている。

静岡医療・健康の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト