静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

御前崎市が医師紹介者に50万円 静岡県内初、12月下旬から

(2017/11/23 08:00)

 御前崎市の柳沢重夫市長は22日の定例記者会見で、同市に医師を紹介し、医師が市立御前崎総合病院などで1年以上勤務した場合、医師1人につき紹介者に50万円を支給する奨励金制度を創設することを明らかにした。こうした奨励金制度の導入は県内自治体で初めてとみられる。12月下旬から実施する。
 市によると、不足する医師の確保が目的。内科、外科、整形外科など同市が必要としている診療科の医師を、家族や友人、知人に医師がいる人などから紹介してもらう。医師の対象年齢は64歳以下。市外在住でも紹介者になれるが、医師紹介あっせん業者は対象外とする。
 同病院では医師不足のため、一部診療科を休診したり、当直体制を確保できずに夜間の救急車の受け入れを制限したりしている。県外では長野県や北海道などの自治体が同様の奨励金制度を取り入れているという。
 御前崎市は医師などの確保に関して、同病院などに勤務しようとする医師や薬剤師に支度金を貸与する制度も設ける方針。医師には最大800万円、薬剤師には同150万円を支給し、一定年数を勤めれば、返済を免除する。支度金の貸与に関する条例制定案を27日に開会する市議会12月定例会に提出する。
 柳沢市長は「医師確保にぜひ協力してほしい」と呼び掛ける。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト