静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

感染症予防策、福祉施設職員らが研修 熱海保健所

(2017/11/22 07:58)
ビニール手袋やエプロンの正しい着脱法を学んだ実習=伊東市健康福祉センター
ビニール手袋やエプロンの正しい着脱法を学んだ実習=伊東市健康福祉センター

 インフルエンザやノロウイルスが流行しやすい冬場に備えて静岡県熱海保健所は20日、感染症の予防対策を紹介する研修会を伊東市健康福祉センターで開いた。伊東、熱海両市の高齢者福祉施設職員ら28人が参加し、実習や講義を通して正しい予防法を学んだ。
 実習では伊東市民病院の看護師が、ビニール手袋やエプロンの着脱方法を解説。吐しゃ物などで汚れた表面部分を皮膚に付けないようにしながら、内側にくるむように外すこつなどを指導した。
 熱海市のデイサービス施設に勤務する男性(39)は「普段の業務に直結する内容だった。細かい作業でも注意するようにしたい」と気を引き締めていた。
 結核を発症した患者への対応方法や、肝炎やエイズウイルス(HIV)の検査などについて説明する講義もあった。

静岡医療・健康の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト