静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2025年に認知症3割増 賀茂地域、支援チームを設置

(2017/11/15 09:06)
賀茂地域の人口予測推移(人)
賀茂地域の人口予測推移(人)

 静岡県と賀茂6市町、医療機関などでつくる「地域包括ケア推進ネットワーク会議」が13日夜、下田市で開かれ、2018年度から3カ年の保健福祉計画案を検討した。急激な高齢化に伴い、団塊世代が75歳以上になる2025年には認知症患者が29・7%増加する見通し。6市町は早期診断と適切な治療につなげる「認知症初期集中支援チーム」を設置し、対策を強化する。
 6市町の65歳以上の人口予測は25年時点で2万6150人。15年比で6・4%減少するものの、75歳以上の後期高齢者の増加などで、認知症患者は15年の2858人から3706人、要介護認定者は4610人から5977人にそれぞれ増えると推計される。
 国の認知症対策として全国の自治体で設置が進む支援チームを、6市町は隣接する3ブロックごと編成する。「下田市・南伊豆町」は10月に設置済みで、「東伊豆町・河津町」と「松崎町・西伊豆町」は18年4月に発足する予定。賀茂医師会と協力し、認知症が疑われる人の自宅を訪れて相談に乗り、医療機関での診断や介護サービスの利用を受けられるようにする。
 計画案には対策として、「地域の見守り活動の充実」や「認知症と診断されて運転免許証を返納した人の日常生活支援」なども盛り込んだ。年明けのネットワーク会議で最終案を協議するという。

静岡医療・健康の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト