静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

井上院長にモンゴル勲章 静岡てんかん・神経医療センター

(2017/9/29 07:56)

 静岡てんかん・神経医療センター(静岡市葵区)の井上有史院長がこのほど、モンゴル保健省から名誉勲章を受けた。講義や診療助言などを通じ、同国のてんかん医療の向上に寄与したと評価された。
 アジア太平洋地域のてんかん医療の水準は医療資源や薬物供給の問題、医療者の知識・技術の不足などから極めて低いとされる。同センターは国際機関と協力して、各国への技術支援や医療者研修の受け入れなどを行ってきた。
 井上院長はこうした活動の一環で、2002年以降計8回モンゴルを訪問した。セミナーや医科大での講義、病院での診療により人材育成を支援。てんかん医療の組織化や啓発にも努め、現地てんかん学会の学術集会が初めて開催されたり、医療者や患者のための地域教育が始まったりするなど機運を高めた。
 8月、首都ウランバートルで開かれたてんかんに関するシンポジウムの席上で、保健大臣から名誉勲章が授与された。井上院長は「モンゴルの医療環境は改善しつつあり、今後はこれまでとは違った協力になるだろう」と見据えた。

静岡医療・健康の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト