静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

医師らトリアージ訓練 日赤、巨大地震を想定 浜松

(2017/9/26 08:58)
トリアージ訓練に取り組む参加者=24日、浜松市北区の引佐赤十字病院
トリアージ訓練に取り組む参加者=24日、浜松市北区の引佐赤十字病院

 日本赤十字社県支部は24日、浜松市北区の引佐赤十字病院と合同で、災害救護訓練を同病院で行った。巨大地震の発生を想定し、県内の赤十字病院の医療スタッフや職員など約110人が負傷者の治療や搬送の流れを確認した。
 マグニチュード(M)8・0の地震により静岡県西部で建物の倒壊や津波被害が発生したとの想定。救護チームは同病院駐車場に仮設診療所を開設した。負傷者が運ばれてくると、医師や看護師がトリアージを行い、けがの程度に応じて患者を振り分けた。
 重傷者の救護エリアでは医療スタッフが血圧を計測するなどして容体を細かく確認。簡単な処置を施した後、患者を市消防本部に引き渡して被災地域外の病院に搬送した。
 ボランティアグループの赤十字奉仕団による炊き出し訓練もあった。

静岡医療・健康の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト