静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「ファルマバレー」独立の方針確認 「医療城下町」を形成

(2017/3/15 09:01)
ファルマバレープロジェクトの取り組みが報告された会合=14日午後、長泉町の県医療健康産業研究開発センター
ファルマバレープロジェクトの取り組みが報告された会合=14日午後、長泉町の県医療健康産業研究開発センター

 静岡県、県東部の12市町、商工団体、金融機関、研究機関などでつくる「ふじのくに先端医療総合特区地域協議会」と「富士山麓ファルマバレー戦略推進協議会」の会合が14日、長泉町の県医療健康産業研究開発センターで開かれた。ファルマバレープロジェクトの推進体制強化に向け、2017年度にファルマバレーセンター(PVC)を新法人として独立させ、18年度から本格的に事業を開始する県の方針を参加者が確認した。
 担当者が本県の医薬品・医療機器の合計生産金額が5年連続で全国1位であることや医療関連製品の開発実績などの成果を説明。県立静岡がんセンターが進める「プロジェクトHOPE」の取り組みやPVC新拠点に入居する全企業に担当コーディネーターを配置している状況も紹介した。
 両協議会の会長を務める県立静岡がんセンターの山口建総長は「拠点を活用し、産学官金の共同で『医療城下町』を目指したい」と今後を見据えた。
 PVCは18年度からの本格的な事業を進め、19年度の公益財団法人移行を目指している。

静岡医療・健康の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト