静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

感染研、エボラ熱検査体制強化へ 検査用ウイルス輸入を提示

(2018/11/15 16:34)
国立感染症研究所村山庁舎のBSL4施設の内部=東京都武蔵村山市(同研究所提供)
国立感染症研究所村山庁舎のBSL4施設の内部=東京都武蔵村山市(同研究所提供)

 訪日外国人客の増加で、エボラ出血熱など致死率の高い感染症の患者が入国する可能性が高まるとして、国立感染症研究所は15日、検査体制を強化するため、5種類の感染症の原因ウイルスを輸入する意向を表明した。国内に存在しないウイルスで、計画的に輸入した例もないという。東京都武蔵村山市でこの日開かれた取り扱い施設周辺住民との協議会で提案、今後は説明会を重ねて合意形成を図る。
 輸入時期について、厚生労働省の担当者は2020年東京五輪・パラリンピックの前としているが「性急さは避け、地元の理解を得て進める」として、絶対の期限とはしない考えだ。

全国医療・健康の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト