静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

iPS心筋移植4月以降に延期へ 本年度1例目断念、大阪大

(2018/8/30 22:00)

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した「心筋シート」を重症心不全患者の心臓に移植する世界初の臨床研究で、大阪大の研究チームが当初計画していた本年度中の1例目の移植実施を断念し、来年4月以降に延期する方針を固めたことが関係者への取材で分かった。
 6月の大阪府北部地震で吹田市の研究施設が被災し、移植用の細胞の培養が進んでいないことが理由。
 チームによると、施設の点検は現在も続いており、順調にいけば9月ごろから培養を再開する。培養後は細胞の安全性の確認も必要で、年度内の移植実施を断念せざるを得ない状況という。

全国医療・健康の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト