静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

しずおか駅舎探訪(7)伊豆急行・伊豆急下田駅(下田市)

(2017/8/4 11:00)
白い制服で「ザ・ロイヤルエクスプレス」の到着を迎える牧野浩之駅長=下田市東本郷の伊豆急下田駅
白い制服で「ザ・ロイヤルエクスプレス」の到着を迎える牧野浩之駅長=下田市東本郷の伊豆急下田駅
伊豆急行・伊豆急下田駅
伊豆急行・伊豆急下田駅

 ■皇族出迎え誇りの白制服
 下田市の須崎御用邸の最寄り駅として、皇族方も利用される伊豆急行の伊豆急下田駅(同市)。お迎えの際、駅長は正装の白い制服を着用する。同社で白い制服を着られるのは、列車内で皇族の案内役を務める社員と、同駅長の2人だけ。牧野浩之駅長(50)は「袖を通すと、背筋が伸びる」。駅長を示す赤と2本の金色のラインが織り込まれた袖に目をやる。
 運転士の経歴を持つ牧野駅長。2004、05年の2度、天皇、皇后両陛下が乗られる特急列車の運転席に座った。腕の確かな運転士しか選ばれない名誉ある役目。「光栄な思いと同時に、プレッシャーもあった」と振り返る。
 多少の余裕が組み込まれた通常のダイヤと違い、1秒の誤差も許されない。本番までに練習できる回数はごくわずか。通常の乗務で、速度とブレーキの感覚を体にたたき込ませた。伊豆急下田駅に到着した天皇陛下から掛けられた「ありがとう」の言葉にやっと肩の荷が下りた気がした。
 駅長に就任して1年。昨年8月に皇太子ご一家、3月には天皇、皇后両陛下をお迎えした。「なかなかできないお役目。常に気を引き締めている」。出迎えや見送りには、多くの市民も訪れる。万が一のことがないよう、通路の確保や分刻みのスケジュール管理に心を砕く。
 皇族の送迎やイベントなど、これまで年に数回しか着用機会がなかった正装。7月からは登場したばかりの豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」を出迎えるため、身に着ける回数が増えた。「観光列車を起爆剤に地域の皆さんと協力して伊豆を盛り上げたい」。白い制服に、伊豆への観光客をもてなす新たな役割が加わった。

しずおか駅舎探訪の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト