静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<靴磨き職人>Y’s Shoeshine(静岡市葵区)

(2017/10/16 11:30)
慣れた手つきで革靴を磨く杉村祐太さん(右)。会話の中で持ち主の雰囲気をつかみ、履くシチュエーションなども聞き出す
慣れた手つきで革靴を磨く杉村祐太さん(右)。会話の中で持ち主の雰囲気をつかみ、履くシチュエーションなども聞き出す
ブラシ
ブラシ

 夜も人通りが絶えない、静岡市葵区の伝馬町周辺。黒、茶、暗紅…、色とりどりの革靴が路面に並べられている。街灯の明かりを吸い、艶めいて輝く。律義にネクタイを締めた靴磨き職人杉村祐太さん(27)=三島市=。「集中すると、周りの音が耳に入ってこなくなる」。道行く人の視線を気にも留めず、黙々と仕事を続ける。
 靴好きだった父の影響で、高校生の頃から革靴を磨くようになった。大学卒業後は建設会社に就職。趣味で靴磨きを続ける中、手掛けた靴を見た知人に「プロでやれる」と背中を押されて独立を決心した。現在は県内初となる靴磨き専門店の来春オープンに向け、「Y’ Shoeshine」の屋号で街頭仕事を続ける。
 まず見て、触って、革の状態を「診察」する。蓄積した汚れはクリーナーで除去し、乾燥がひどければクリームを入念に擦り込む。状態に応じた事前のケアを心掛け、「美しく仕上げるために一番重要なのが下準備」。

ソノ仕事×コノ絶景の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト