静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

五輪見据えるプロチーム(三島市) 名門、新拠点に溶け込む

(2018/5/11 11:00)
東京五輪を目指して三島市を拠点に練習に励む「チーム・ブリヂストン・サイクリング」の選手=4月下旬、函南町のサイクリングロード
東京五輪を目指して三島市を拠点に練習に励む「チーム・ブリヂストン・サイクリング」の選手=4月下旬、函南町のサイクリングロード
函南町が作成した初心者向けコース
函南町が作成した初心者向けコース

 函南町の狩野川、大場川沿いを通るサイクリングロード。隊列を組んだ集団が一糸乱れぬ動きで疾走する-。自転車競技のプロチーム「ブリヂストン・サイクリング」の練習風景だ。
 今年2月、2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、埼玉県上尾市から三島市に活動の拠点を移した。同市を発着点に県東部や伊豆地域を走り、1日の走行距離は200キロに達することも。
 国際大会などで活躍する選手が多数所属している名門チーム。現在はロード、トラックの選手とスタッフが三島に住まいを移し、練習に励む。年内にはトレーニングルームや機材保管庫などを備えた施設も市内に整う予定だ。
 ロードを得意とする石橋学選手は「起伏があり、最適。温暖で春先から山を走れるのも大きい」と練習環境に満足している。五輪会場の伊豆ベロドローム(伊豆市)、富士スピードウェイ(小山町)で日常的に練習できることもアドバンテージの一つという。
 競技人口の裾野拡大にも取り組む。自転車教室の開催や、地元のイベントへの参加などを通して五輪ムードの醸成を図る。函南町が道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」周辺にサイクリングコースを設定するなど、地域も雰囲気づくりを後押しする。
 当面の目標は20日開幕するロードレースの国際大会「ツアーオブジャパン」と、9月開催のトラック競技の日本選手権。飯島誠総監督は「応援してくれる方々に結果を残すことで応えたい」と意気込む。

 ■おすすめ 伊豆ゲートウェイ函南 
 施設内にはサイクルラックや修理道具が充実していて、急なトラブルにも対応できます。コンビニ店もあり、選手は休憩などで利用しているようです。サイクリングロードから直接通じていて、全国的にもこれほどサイクリストのことを考えられた道の駅はありません。自転車競技を盛り上げようという思いが伝わってきます。(飯島誠総監督)

伊豆ゲートウェイ函南
伊豆ゲートウェイ函南

動画

Youtube動画

伊豆・東部 自転車出会い旅の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト