静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ホタル舞う地域復活を 浜松の小学5年生、幼虫放つ

(2017/12/2 09:15)
ホタルの幼虫を池に放つ児童=浜松市立中郡小
ホタルの幼虫を池に放つ児童=浜松市立中郡小

 浜松市東区の市立中郡小の5年生が1日、「くじら池」と呼ばれる校内に整備された池にヘイケボタルの幼虫約300匹を放した。地域の自然環境を学び、ホタルが飛び交う光景を復活させ、地元を大切にする心を育むことが目的。
 同校周辺ではかつてホタルを観察できたが、宅地化が進んだ影響などでほとんど見られなくなったという。
 児童約90人が信州大理学部の藤山静雄名誉教授からホタルの生態系などを学んだ後、6月から校内で育ててきた幼虫を池に放った。幼虫は建設総合コンサルタントのフジヤマ(中区)が企業の社会的責任(CSR)活動の一環で提供した。順調に育てば来年6月ごろに成虫を観察できるという。
 夏休み期間中に幼虫を自宅で飼育した男子児童(11)は「カワニナなどの餌を取りに行くのが大変だった」と振り返り、女子児童(10)は「大きく育ってほしい」と話した。
 活動は子供たちが浜松の良さを知り、将来地域を支える人材になることを目指す市の「やらまいか教育推進事業」の一環。

小学校の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト