静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

保育定員918人増を了承 浜松市審議会専門部会

(2017/9/9 08:47)

 浜松市社会福祉審議会児童福祉専門部会の本年度第2回会合が8日、市役所で開かれ、2018年度開設を予定する保育施設の認可について審議し、認定こども園の増設などで保育定員918人分を増加する案を大筋で了承した。
 認定こども園は新設3施設と保育所から移行する9施設の計12施設で定員330人が増加し、計56施設となる。私立保育所は3施設が新設され、定員360人増を見込む。こども園移行を合わせると計6施設が減少し、計40施設になる。
 小規模保育事業所は新設3施設で定員計48人が増える。このほか、既存施設の増築で180人が拡充する。
 こども園で、定員割れの3~5歳の保育定員や幼稚園に相当する「1号認定」定員も増加することについて、委員からは、待機児童対策を考慮して喫緊の課題である0~2歳の定員拡充を優先すべきとの意見が出た。市担当者は1号に移行する子どもへの考慮や、現在の0~2歳の保育需要増加を受け、今後3~5歳も需要の伸びが見込まれると答えた。
 市は、11月に一時募集が始まる18年度4月入所の受け付けから、保育所の入園選考方法を「第1希望施設優先方式」から「基準点優先方式」に転換することも報告した。

乳幼児の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト