静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

“三島流”スポーツ保育始動 順大が園児ら指導

(2017/6/19 17:30)
「運動遊び」を楽しむ園児たち=三島市青木の青木保育園
「運動遊び」を楽しむ園児たち=三島市青木の青木保育園

 三島市は2017年度から、園児の基礎体力を発達させることを目的とした「スポーツ保育」に乗り出した。いわゆる体操教室の要素でなく、日常のかけっこやボール遊びを応用した「運動遊び」で運動機会を増やし、生涯にわたり健康的で活動的な能力の発達を促す。
 市によると、幼児を対象にした行政の運動事業は県内で珍しい。文化、教育分野などで連携協定を結ぶ順天堂大スポーツ科学科の鈴木宏哉准教授(発育発達学)のゼミが月に1度、指定園を訪問し、運動遊び教室を行う。
 運動遊びは、新聞紙1枚を胸に当てて落ちないように思い切り走るかけっこや、運動が苦手な子も参加できるようボールを転がして当てるドッジボール、握力強化を目的に紙をできるだけ固く丸めるボールづくりなど。どれもなじみのある昔ながらの遊びや運動に一工夫を加え、運動量を増やす。

乳幼児の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト