静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

自殺対策LINE活用 中高生相談で静岡県、夏休み明け前

(2018/3/8 07:53)

 静岡県内の若者の自殺に歯止めをかけるため、県は2018年度、無料通信アプリのLINE(ライン)を活用し、夏休み明け前の中高生を対象にした悩み相談事業に着手する。18年度当初予算案に「若者こころのSOSサポート事業費」として2千万円を盛り込み、7日の県議会厚生委員会で説明した。
 LINE上に専用相談窓口を開設し、いじめや学業、交友トラブルなどを題材に、中高生と相談員がメッセージをやりとりできる仕組みを整える。長期休暇が終わる頃に自殺者が増える傾向があるとして、県はLINE相談を夏休み明け前の平日10日間(午後3~9時)とする方針。県教委とともに周知方法や開始時期を検討する。
 県によると、16年の県内の年齢階層別死因順位で「10~19歳」の死因トップは自殺。悩みが深刻化する前に、中高生に身近なツールのLINEを介していち早く相談に乗り、自殺を防ぐ。中高生向けのLINE相談は長野県で先行事例があり、17年夏の相談実績が2週間で547件と、16年度に実施した電話相談の年間259件を大きく上回った。

エトセトラの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト