静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

教員働き方改革 浜松市教委、タイムカード試験導入

(2018/2/14 08:17)

 浜松市教委は2018年度、教員の働き方改革を推進するため、勤務実態を把握するタイムカードや教員の事務作業を支援する校務アシスタントを導入する。過労死ラインとされる月80時間を超える時間外勤務をした同市の教職員の延べ人数は小中学校とも増加傾向で、長時間労働の常態化に歯止めをかける。
 タイムカードは勤務時間を客観化して各教職員にタイムマネジメントの意識向上を促し、長時間勤務の是正につなげる。具体的には8校程度にタイムレコーダーを試験的に設置する予定で、18年度当初予算案に導入費用120万円を計上した。有効であれば設置校を拡大する考え。
 校務アシスタントは学習プリントの印刷や授業準備の補助に当たる。子どもと接したり教材研究をしたりといった本来業務に教員が集中できる環境を整える。25学級以上の小学と20学級以上の中学が対象で、最大37校に一人ずつアシスタントを置く。公募による地域人材の活用を想定し、人件費に充てる事業費2800万円を予算案に盛り込んだ。
 中学の部活動の指導や大会への引率を単独で行える部活動指導員も新たに配置する。

エトセトラの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト