静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

特別支援校教室に空調 静岡県教委、19年夏までに

(2018/2/6 07:52)

 静岡県教委は5日、県立特別支援学校の全普通教室に2019年夏までに空調(冷房)を整える方針を固めた。当初は5年間をかけて順次、整備する計画だったが、県議会各会派の要望を受けて対応を迅速化する。事業費は19年度の執行額と合わせて8億円を見込み、18年度県当初予算案には3億2千万円を盛り込む。
 文部科学省の調査などによると、県内の特別支援学校36校の819普通教室のうち、空調未設置は31校の407教室(17年4月現在)。肢体不自由の児童生徒が学ぶ教室は設置が進んでいるが、知的障害などの児童生徒の教室では遅れ、県内の設置率は全国平均の約8割に対して5割にとどまっている。
 授業日数の増加で夏休みが短くなり、夏季に教室にいる時間が増える中、児童生徒の保護者からは空調の設置を求める声が強かった。県議会各会派も18年度当初予算編成に向けた要望に挙げていた。
 一方、県立高の普通教室の空調設置率も5割に届いていないため、県教委は中長期の整備計画に基づいて設置を進める方針。

【更新終了】エトセトラの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト