静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

中央特別支援学校に優秀賞 教員の多忙化改善で取り組み発表

(2018/2/3 08:00)
取り組みの成果を発表する県立中央特別支援学校の秋本公志教諭(右)=2日午後、都内
取り組みの成果を発表する県立中央特別支援学校の秋本公志教諭(右)=2日午後、都内

 教員の多忙化改善などの取り組みを表彰する第1回「NITS(ニッツ)大賞」の発表会と表彰式が2日、都内で開かれた。「多忙感から充実感のある職場へ」と題して発表した県立中央特別支援学校(静岡市)が、他校の参考例になるとして優秀賞に選ばれた。
 同校の秋本公志教諭は「実態調査によって、職員が勤務時間の長さよりも児童生徒と向き合う時間が少ないことにストレスを感じていることが分かった」と説明し、会議や指導計画作成の方法を見直したことを紹介。勤務時間とストレスに相関がないことを示し、多忙感でなく充実感を受けられるように学校の仕組みや教職員の意識を変えることが重要だと主張した。
 同賞は教育現場の課題解決を目指す実践活動を表彰して好事例を全国に広めようと、教職員支援機構(NITS)が創設した。今回は全国から106件の応募があった。

【更新終了】エトセトラの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト