静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

教員受験者数が減少 18年度採用、直近5年で最低 浜松市教委

(2017/9/23 08:27)

 浜松市教委は22日の定例会で、2018年度採用の教員採用試験の結果を報告した。受験者数は540人(前年度比40人減)、合格倍率は3・5倍(同1・1ポイント減)と、14年度からの直近5回の試験で、いずれも最低だった。委員からは優秀な人材を確保するための対策を求める意見が相次いだ。
 受験者の内訳は小学271人、中学219人、養護50人。合格者の総数は154人(同29人増)で、17年度末の退職者数や欠員状況を踏まえて増やした。中学美術は3人が受験したが、合格者はいなかった。低倍率について教職員課の担当者は「他の都道府県でも同様の傾向」と説明した。
 受験者数の減少による人材の質の低下を懸念した委員からは「受験してもらうため実現できそうな学生の要望はあるか」「選考方法に見直しの余地はないか」などと意見が出た。
 教職員課の担当者は「受験者を集めるため、試験での優遇措置制度の充実化を検討している」と対策を示した。

エトセトラの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト