静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

学力向上へ連絡協議会 静岡県教委「主体的な学び」実践確認

(2017/9/9 08:19)
全国学力テストの結果を基に授業改善策などを考えた連絡協議会=8日午後、県庁
全国学力テストの結果を基に授業改善策などを考えた連絡協議会=8日午後、県庁

 静岡県教委は8日、2017年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を分析して学力向上や授業改善につなげる学力向上連絡協議会を県庁で開いた。県教委と市町教委の指導主事ら約100人が参加し、次期学習指導要領を踏まえて主体的、対話的な学びを授業で実践していくことなどを確認した。
 総合教育センターの担当者が国語、算数・数学の結果に関する分析を報告した。17年度の全国学力テストは、小6、中3ともにおおむね全国の平均正答率を上回る良好な結果だったが、今後は次期学習指導要領で重視される主体的、対話的な学びを授業でさらに深めていく必要があるとの方向性を提示。子どもの様子を見ながら問い返す授業を行うなど、思考力や表現力を育てるための指導ポイントを解説した。
 学力テストと同時に実施した児童生徒や学校へのアンケート結果も説明した。教員の9割以上が、児童生徒の考えを引き出し、思考を深める指導をしていると回答したのに対し、児童生徒の側の実感は6割程度にとどまるなど、ギャップが明らかになった点を指摘。これまで以上に児童生徒の主体的な思考力を尊重する指導を行うよう促した。

エトセトラの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト