静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

自己肯定感が最高値 静岡県内小6中3、学テ成績に相関も

(2017/9/1 08:04)
「自分にはよいところがある」とする静岡県児童生徒の割合
「自分にはよいところがある」とする静岡県児童生徒の割合

 文部科学省が31日までに公表した2017年度の全国学習状況調査によると、「自分にはよいところがある」とする静岡県の児童生徒の割合は全国平均を上回り、小6、中3ともに07年度の調査開始以来の最高値を更新した。自己肯定感の高さと学力テストの平均正答率との相関関係も見られ、静岡県教委は子どもたちの自尊感情を育てる指導を今後も継続する方針。
 「自分にはよいところがある」と答える本県の児童生徒は07年度の調査開始以来、常に全国平均を上回り、17年度は小6が81・0%、中3が74・3%で、全国平均をそれぞれ3ポイント以上、上回った。
 自尊感情が強い子どもほど学力テストの平均正答率が高く、県教委の16年度の調査によると、自尊感情が弱い子どもとの間で小6で9ポイント、中3で5・5ポイントの差が認められた。
 このほか、「地域の行事に参加している」「学校に行くのは楽しい」「先生はよいところを認めてくれる」といった回答も全国平均を上回る高い数値を示している。県教委は「家庭や地域と学校が連携し、自尊感情を育てる環境が整っている」と強調する。

エトセトラの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト