静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

先生の卵、主権者教育学ぶ 静岡大、18歳選挙権踏まえ

(2017/1/25 08:55)
選挙権年齢の引き下げを踏まえ、主権者教育の在り方について話す原田さん=静岡市駿河区の静岡大
選挙権年齢の引き下げを踏まえ、主権者教育の在り方について話す原田さん=静岡市駿河区の静岡大

 若者の政治参加を後押しする活動に取り組むNPO法人ユースクリエイト(東京都)の代表原田謙介さん(30)の講演会(静岡大道徳教育研究会主催)が24日、静岡市駿河区の同大で開かれた。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを踏まえ、学校での主権者教育の在り方について、今後実際に教壇に立つ教育学部の学生約80人と考えた。
 原田さんは、多様な情報の中でそれぞれの方向を向く個人の関心をどう政治的な話題に振り向けるか、その意義と難しさについて指摘。一方で「学校現場では若者に広く同様のものを届けることができる」と教育の特性に言及した。若者と政治をつなぐ「場」で社会全体の課題に目を向けてもらう重要性も強調した。
 「18歳選挙権」がスタートした昨年参院選の18、19歳を合わせた全国の投票率が46・78%だったことを紹介し「私は高い投票率だったと思っている」と述べた。
 聴講した学生から「教師自身が政治のことをよく分からないという面もあると思う。教員をサポートしてくれるような教材はないか」などの質問が出た。
 原田さんは東京大法学部時代に学生団体で活動を開始。選挙権年齢引き下げの議論で参院に参考人招致されたほか、文部科学省などが全高校に配布した副教材執筆にも携わった。

エトセトラの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト