静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

助産師養成課程を新設 清水看護専門学校、2019年に

(2018/2/17 07:20)

 静岡市は2019年4月、市立清水看護専門学校(清水区)に助産師養成課程を開設する。助産師不足の解消を図り、出産・子育てがしやすいまちづくりを推進する。18年度当初予算案に施設改修や教員研修などの準備事業費4200万円を計上した。
 定員10人で1年課程。看護師免許取得者または見込みがあることが入学条件になる。
 市によると、市内の助産師は分娩(ぶんべん)介助のほか、乳房マッサージや育児相談などを行う市の産後ケア事業でも活躍している。ただ、市内で助産師資格を取得できる学校は県立大のみ。人材確保策は十分と言えず、16年度の人口10万人当たりの助産師数は全国平均28・2人、県平均25・8人に比べ、静岡市は24・5人と少なかった。
 清水を含め2校ある市立看護専門学校の卒業生の約9割が市内の病院に就職しているため、市は養成課程修了後に地元に残る助産師が多いとみている。

【更新終了】大学・専門学校の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト