静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

次期学長に瀧口氏 浜松・光産業創成大学院大

(2017/12/1 08:19)

 光技術を応用した新産業の創成、育成を目指す光産業創成大学院大(浜松市西区、理事長・晝馬明浜松ホトニクス社長)は、30日の理事会で次期学長に瀧口義浩副学長(59)を選任した。任期は2018年4月から3年間。
 瀧口氏は浜松市出身。1982年に浜松テレビ(現・浜松ホトニクス)に入社し、同社中央研究所研究主査などを歴任した。2005年に開学した同大の設置構想段階から関わり、07年から同大教授、15年から副学長を務めている。
 海外留学の経験も長く、高い語学力と豊かな国際感覚を生かして浜松とドイツの産学連携に向けた取り組みを続けている。今年5月には、光研究に関する産学と金融機関のネットワーク「オプトネクスト浜松」を立ち上げた。
 同大は社会のニーズと光技術を融合させ、新たな産業の創出を担う人材を育成する学校法人。これまでに92人が入学し、31社のベンチャー企業が誕生している。

大学・専門学校の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト