静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県内4大学サークル エコ活動連携へアイデア

(2017/11/24 08:31)
県内4大学の学生が環境活動について意見交換した「インカレecoカフェ」=23日午後、静岡市葵区七間町のスノドカフェ
県内4大学の学生が環境活動について意見交換した「インカレecoカフェ」=23日午後、静岡市葵区七間町のスノドカフェ

 静岡県内4大学の環境サークルが連携し、同世代の環境問題に関する意識高揚につながる活動を行うプロジェクト「インカレecoカフェ」が23日、スタートした。同日夜、静岡市葵区七間町のスノドカフェで顔合わせの意見交換会が開かれ、学生約40人がアイデアを出し合った。
 参加サークルは静岡大「リアカー」と県立大「co-co」、東海大海洋学部「ECO」、常葉大「ビオトープ研究会」と「自然体験活動研究会」。学生間の家財道具リサイクル運動や、竹林再生プロジェクト、体験型環境教育などユニークな活動を行っている。
 顔合わせでは八つのテーブルを順に巡る形で活動を紹介し合い、連携のアイデアを考えた。「ecoフェス」や「ecoキャンプ」の開催、企業や他大学との連携といった案が挙がった。静岡大リアカーの斉藤涼介代表(19)は「エネルギッシュな参加者ばかり。みんなから集めた案を実現させたい」と意気込んだ。
 プロジェクトは環境活動に関心を持つ若者の活動を応援しようと県が企画。県くらし・環境部の織部康宏局長は「若者に実際に行動を起こしてもらうことで活動の輪が広がることを期待している」と述べた。

【更新終了】大学・専門学校の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト