静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

SDGsに関する課題研究 静岡県内高校生、取り組み発表 沼津

(2019/2/3 07:55)
SDGsに関連した課題解決策を発表する高校生=沼津市のプラサヴェルデ
SDGsに関連した課題解決策を発表する高校生=沼津市のプラサヴェルデ

 静岡県内の高校生がSDGs(持続可能な開発目標)に関連した課題研究を発表するポスターセッション大会が2日、沼津市大手町のプラサヴェルデで開かれた。文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されている県立三島北高(三島市)の主催。計9校から30チームが参加し、SDGsが定める17の目標に絡めた取り組みを教員や保護者らに紹介した。
 掛川西高(掛川市)のパソコン部は2018年12月に掛川城で行ったプロジェクションマッピングイベントの企画運営を発表した。藤枝北高(藤枝市)食品サイエンス部は高校生の農家民宿開設による地域活性化案を提案。駿河総合高(静岡市駿河区)は飢餓や貧困、エネルギー問題などSDGsに関わるクイズを取り入れた独自のすごろくを作り、小学生に体験してもらう取り組みを解説した。三島北高からは21チームが参加し、水の確保や衛生、防災などに関する研究を発表した。
 各チームが特色ある発表を繰り広げ、質問や意見交換などで交流した。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト