静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ラグビーW杯、エコパ試合に小中高生招待 静岡県方針

(2018/9/8 07:51)

 静岡県は7日、県内の子どもたちに2019年ラグビーワールドカップ(W杯)をスタジアムで観戦し、迫力を堪能してもらおうと、エコパスタジアム(袋井市)で行われる日本戦を含む4試合に、公私立の小中学生や高校生を招待する方針を明らかにした。
 同日、磐田市で開かれた県市長町長合同連絡会議で説明し、協力を呼び掛けた。意向調査を行い、参加規模を把握する。県がチケットを一括購入して配布する。交通費も支給する考え。同様の取り組みは岩手県釜石市が実施している。
 また、バスツアー補助制度も設ける。企業や各種団体、自治体が共同でバスをチャーターし、同スタジアムで観戦する場合、県内発は5万円、県外発は10万円を上限にバス代の半額を補助する。
 同スタジアムでは19年9月28日に日本対アイルランド、10月4日に南アフリカ対イタリア、同9日にスコットランド対ロシア、同11日にオーストラリア対ジョージアの試合が組まれている。
 県ラグビーワールドカップ2019推進課の担当者は「県民が、一生に一度と言われるW杯の県内開催を誇りに思い、将来に継承するレガシー(遺産)にしたい」と話す。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト