静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

児童の職人技体験を支援 静岡県、3校モデルに9月から

(2018/8/23 08:23)

 静岡県は9月から、民間企業と連携し、小学校高学年の児童のキャリア教育をサポートする事業をスタートする。企業や地場産業の職業人の技を体験する学習プログラムなどを、県が業界の枠を超えてコーディネートする。
 県産業人材確保・育成プラン(2018年度~21年度)で盛り込んだ、次代を担う子どもたちに「生きる道」としての仕事を学んでもらう環境づくりの一環。本年度は12月にかけて、吉原小(富士市)、井宮小(静岡市)城北小(掛川市)のモデル校3校で実施する。
 体験学習コースは、農林水産や工業、商業などの実学の大切さを知る「スゴ技コース」、優れた職人などの経験談を聞き、道を究める重要性を理解する「この道ひとすじコース」、茶や製紙、酒など誇れる郷土の産業を知る「郷土の最先端の技術コース」の3種類。
 県労働政策課が窓口となり、体験学習先の開拓や選定、体験先コースを作成。モデル校候補の募集やニーズの取りまとめなどで、県教委と連携する。体験時の講師の姿や児童の様子などを動画撮影して配布し、記憶にも残るよう配慮する。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト