静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

全小中にエアコン 普通教室優先、年内にも設計 藤枝市

(2018/8/18 07:48)

 藤枝市は17日までに、市立小中学校全27校のすべての普通教室にエアコンを設置する方針を固めた。設置時期については「なるべく早い段階」としている。
 市によると、市内の普通教室へのエアコン設置は現在、55教室で設置率は11・3%。未設置は428教室。総事業費は約11億円を見込み、早ければ年内にも設計に入る見通し。
 市は今後、国の動向を踏まえて補助金の活用も検討するという。普通教室を優先した上で音楽室や理科室など特別教室のエアコン設置も進めていく考え。

 ■牧之原市も全小学校に 19年夏まで、酷暑受け前倒し
 牧之原市は、2019年8月までに市内9小学校の普通教室にエアコンを設置する方針を固めた。17日の市議会全員協議会で杉本基久雄市長が表明した。
 市によると、エアコンは市内3中学校の普通教室には設置済み。9小学校のうち、坂部小と勝間田小は18年度中に完備する。未設置は残り7校の88教室となり、設置費用は約3億2千万円を見込む。
 市は当初19、20年度で整備する計画だったが、今夏の酷暑を受け「来年も暑さが続くと言われている」(杉本市長)として前倒しする。国の補助制度を視野に入れる一方、リース方式の採用なども幅広く検討するという。
 「(19年の)6月までに設置できないか」と質問された杉本市長は「気持ちとしては6月までに。一番遅くても8月までに、という意味」と説明した。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト