静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

若者の食生活議論、静岡市の冊子に反映へ 学生がワークショップ

(2018/8/17 09:26)
同世代に伝えたい食と健康の情報について意見交換した学生=静岡市役所静岡庁舎
同世代に伝えたい食と健康の情報について意見交換した学生=静岡市役所静岡庁舎

 静岡市は16日、市内の大学生や専門学校生が若者世代の食と健康について考えるワークショップを市役所静岡庁舎で開いた。市内の高校3年に配布する予定の食育・食生活改善に関する冊子に、どのような情報を掲載したらいいかについて意見交換した。
 県立大や常葉大、静岡英和学院大短期大学部、中央調理製菓専門学校の学生18人が参加。六つの班に分かれ、朝食欠食や栄養の偏り、野菜不足など特に学生の1人暮らしに多い食の課題を解消するための情報について議論した。朝食欠食に注目した班は「アルバイトの都合で夜遅くにたくさん食べてしまうなど夜の生活が主な原因」と分析。夜の過ごし方の注意点を盛り込むことを提案した。
 県立大栄養生命科学科3年の学生(21)は「自身の経験からも、生活リズムを変えて朝食を取ると集中力が上がり、体調も良くなる。朝食の大切さを伝えたい」と語った。
 この日、出された意見は、市の管理栄養士や保健師らがまとめて冊子に反映させる。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト