静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

島田で新茶初摘み ハウスに輝くもえぎ色

(2018/3/14 17:00)
みずみずしい新芽を手際よく摘み取る女性ら=14日午前8時ごろ、島田市阪本
みずみずしい新芽を手際よく摘み取る女性ら=14日午前8時ごろ、島田市阪本

 本格的な新茶シーズンを前に14日朝、島田市阪本の大塚聰さん(71)のハウス茶園で新茶の初摘みが行われた。近隣農家の女性12人が、もえぎ色の柔らかな新芽を摘み取った。
 女性らは芯をつぶしたり、硬い葉が混ざったりしないよう気を配りながら、手際良く新芽を籠に入れていった。摘んだのは、主力品種の「やぶきた」。周辺の露地物より1カ月ほど早く、「大走り新茶」と呼ばれ縁起物とされる。
 昼間に地中のパイプに蓄えた熱を、気温が下がる夜間にファンで巡回させる「太陽熱地中循環法」で育てた。大塚さんは「葉が光って見える。肥料を十分吸った、味のいい新茶ができると思う」と話した。
 製茶後、16日から同市阪本の直売所「お茶の佐寿喜園」で販売する。価格は100グラム5千円(税別)の見込み。

静岡茶の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト