静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

3月開館「茶の都」施設管理に1億9千万円 静岡県予算案

(2018/2/14 08:15)
開館に向けて準備が進む「ふじのくに茶の都ミュージアム」=1月31日、島田市(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
開館に向けて準備が進む「ふじのくに茶の都ミュージアム」=1月31日、島田市(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)

 静岡県の茶の魅力を産業、文化、学術、観光の各分野から総合的に伝える拠点施設「ふじのくに茶の都ミュージアム」(島田市)が3月24日、開館する。県は2018年度当初予算案に施設管理運営費1億9100万円を計上した。
 新施設は幅広い世代に茶への理解を深めてもらい、茶愛好家や消費の拡大につなげようと、静岡茶の飲み比べやオリジナルブレンドティーづくり、茶室での茶道体験などに力を入れる。
 県製茶指導取締条例の廃止方針を端緒に17年に設置した「静岡茶の新たな振興策検討委員会」でも、県は茶の情報発信を本県の重要課題に挙げた。
 新施設は旧島田市お茶の郷博物館を再整備。観覧料を一般300円と旧施設の半額とする一方、来場者は倍増の7万人を見込んでいる。
 商業館は喜作園(牧之原市)に運営委託する。

【更新終了】静岡茶の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト