静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県製茶条例の検討会設置へ 改廃含めて議論

(2017/9/25 17:00)

 静岡県議会9月定例会の代表質問が25日始まり、吉田茂県農林水産戦略監は県製茶指導取締条例の改廃を含めて議論する検討会を設置する方針を示した。茶業界関係者と消費者、学識経験者らで構成し県内茶業の在り方を協議する。江間治人氏(自民改革会議、磐田市)の質問に答えた。
 条例は粗悪茶を排除し静岡茶の声価を維持する狙いで、1956年に施行された。茶への添加物や着色料の使用を原則禁止している。吉田農林水産戦略監は、県が示した条例廃止方針に関するパブリックコメント(意見公募)で、特定の添加物の規制解除が静岡茶の信頼を損ねるとの懸念が多く寄せられたことを挙げ「規制の在り方について、より丁寧な議論が必要と考えている」と述べた。
 県内茶業はリーフ茶の長期的な需要の減退や単価の下落などの課題に直面している。一方で、海外では抹茶など緑茶需要が急激に高まっているとして、茶業振興に軸足を置いた議論を展開していく考えを強調した。

【更新終了】静岡茶の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト