静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県勢「煎茶」大臣賞独占 第71回全国茶品評会

(2017/9/9 07:48)
第71回全国茶品評会 農林水産大臣賞
第71回全国茶品評会 農林水産大臣賞

 長崎県大村市で開かれた第71回全国茶品評会(全国茶生産団体連合会など主催)の審査結果が8日発表され、静岡県からは普通煎茶10キロの部で春野茶振興協議会の栗崎貴史さん(浜松市天竜区)、同4キロの部で天竜茶研究会の太田勝則さん(同区)、深蒸し煎茶の部で山東(やまとう)茶業組合(掛川市)が各部最高位(1等1席)となり、農林水産大臣賞を受賞した。県勢の煎茶3部門独占は14年ぶり。
 山東茶業組合は2年連続の大臣賞。2017年度は既に関東ブロック茶の共進会、県茶品評会で大臣賞に輝いており、“3冠”を達成した。茶種別に成績優秀な自治体に贈られる産地賞は、普通煎茶4キロの部で浜松市が選ばれ、深蒸し煎茶の部では掛川市が2年連続通算20回目の受賞。
 機械摘採が出品条件となる普通煎茶10キロの部は、大規模な生産と品質維持に力を入れる鹿児島県が強みをもつ部門。強豪を抑えた久々の快挙に、静岡茶市場(静岡市葵区)の内野泰秀取引部長は「今期は天候不順で全国的に茶の生育が遅れたが、気候に左右されずに高品質の茶を栽培、製造する日本一の技術が県内にあると改めて認められた」と話した。JA静岡経済連の堀要茶業部長は「県内生産者の努力と技術力向上の表れ。静岡茶の名声がさらに高まる」と喜んだ。
 全国19都府県から7茶種8部門に841点が出品され、5日から4日間にわたり審査が行われた。県勢の入賞(1~3等)は66点で、深蒸し煎茶の部は入賞を独占した。表彰式は11月11日に佐世保市で開かれる「第71回全国お茶まつり」の記念式典で行われる。

静岡茶の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト