静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<新茶初取引>史上最高値108万円 JA富士宮茶業委手もみ茶

(2017/4/24 12:26)
「農家の心意気に応えたい」と108万円で茶を仕入れた富士宮富士山製茶の土井貴さん=24日午前7時55分ごろ、静岡市葵区北番町の静岡茶市場
「農家の心意気に応えたい」と108万円で茶を仕入れた富士宮富士山製茶の土井貴さん=24日午前7時55分ごろ、静岡市葵区北番町の静岡茶市場

 静岡茶市場で24日行われた新茶初取引で、単価としては同市場史上最高値の1キロ当たり108万円の商談が成立した。富士宮市のJA富士宮茶業委員会が、わせ品種の「さえみどり」を手摘みし、手もみで仕上げて出荷した。出荷総数量は1キロのみ。同市の製茶問屋の富士宮富士山製茶が仕入れた。
 初取引では例年、手もみ茶は出ず、機械でもんだ茶に「八十八夜」にかけて1キロ当たり8万8千円、8万8800円などの最高値がつく。
 市内の生産者でつくる同委員会が、初取引に向けて昨年から準備を進め、108歳を表す「茶寿」にちなんで希望価格を示す親値108万円で上場した。緊張した面持ちで取引に臨んだ同JAの指田昌亮係長(41)は「生産者の思いが詰まった茶。良いシーズンになりそう」とほっとした表情を見せた。
 同社の土井貴代表社員(39)は、地元農家の心意気に応えようと値引きを求めずに取引した。
 機械でもんだ茶は、静岡市清水区の両河内茶業会の茶が1キロ当たり8万8800円。38年連続で最高値がついた。

静岡茶の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト