静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

茶草場コーナー拡充 「茶の都ミュージアム」施設概要を説明

(2017/3/17 08:25)

 静岡県お茶振興課は16日、島田市金谷地区で開かれた「静岡空港を活用したまちづくり研修会」(同市など主催)で、2018年3月下旬に開館予定の「ふじのくに茶の都ミュージアム」の概要を説明した。県は昨年6月に同市から「お茶の郷博物館」(同市金谷富士見町)を取得し、現在リニューアル計画を進めている。
 2階の展示はほぼ全面的に変更する予定。県内各産地を紹介する内容とし、茶の効能や世界農業遺産「静岡の茶草場農法」のコーナーなどを拡充する。
 駐車場から博物館までの来館者の動線を変えることや、博物館と茶室は県直営とすることなども説明。商業館の一角には茶業関係者が使用できるイベントスペースを設けるという。5月中旬から内部工事を開始する予定。
 同課職員は「体験プログラムなどを充実させ、家族連れが楽しく学べる機会を提供する。情報発信に努め、消費拡大に貢献したい」と話した。

静岡茶の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト